中古マンション購入の流れ

不動産購入の流れ

中古マンションに限らず、不動産購入の流れについて説明します

物件を探す

不動産会社に紹介してもらったり、本サイトやホームズなどのポータルサイトで気になる物件を探します

内覧に行く

空室の物件であれば、内装工事中とか何等かの理由が無い限り何時でも内覧が出来ます
居住中の物件は売主さんの都合もあるので、不動産会社に内覧日を調整してもらいます
気になる物件を色々見てみるのが良いですが、あまりに多くの物件を見すぎると決断が出来なくなる可能性もあるので注意です

詳細やローンについて説明してもらう

気に入った物件について、管理状態などの詳細やローンを組んだ時の金額など具体的な説明をしてもらい、購入を決断します

購入申込

これだ!と思った物件は早めに申込をしましょう
販売されている物件は色々な人が検討しており、基本的には申込の早い順です
せっかく良い物件が見つかったのに、他の人が先に申込を入れてしまったら、買えないと言う事もあるので注意です
ただ、大きな買物なのでしっかり考える事も必要です

住宅ローン事前審査

現金で購入とか住み替えと言った場合以外は、住宅ローンを組む事になります
最近はネット銀行など自分で申し込めるものもありますが、基本的には全て不動産会社が手配してくれます
年収や勤続年数で取り組める金融機関も異なりますので、ローンが組めるか不安な人も相談してみるのが良いでしょう

重要事項説明を受ける

購入決断に際して色々説明を受けてはいますが、不動産の契約前には重要事項説明を受けなければなりません
細かい内容になりますが気になる点はどんどん質問しましょう
※この時点までは、『やっぱり違う物件にしたい』と言ってもOKです
不動産会社は契約直前で辞めるのはダメだなどと言う会社もあうかもしれませんが、基本的には契約をするまでは何も義務は発生していません
一生住むかもしれないマイホームの購入です
しっかりと納得して購入する事が必要ですので、重要事項説明を受けたうえで、気になる点があって、違う物件にしたいと言うのは大丈夫です
ただ、契約直前で辞めると言う事が2度3度あると、不動産会社もその後案内に積極的にならないと言う事もあるので、あくまできちんとした理由がある場合に、理由を説明して断るようにしましょう

契約

基本的に契約は重要事項説明を受けた後、同日に行われます
通常、事前審査から3日~10日で契約日を決めます
契約日は重要事項説明を受けて、契約となるので概ね1時間~2時間はかかると考えたほうが良いでしょう
契約の手付金は一般的には物件価格の10%ですが、この金額については不動産会社に相談して売主さんと交渉してもらいましょう
契約が終わると権利義務が発生しますので、これ以降は『やっぱり止めたい』となると違約金等が発生しますので注意が必要です

住宅ローン本申込

売買契約が終わったら住宅ローンの本申込を行います
手続きは不動産会社が行いますが、銀行によっては本人が銀行に行って申込書記入、面談が必要と言う所もあります
事前審査が通っていて本審査で落ちると言う事が無い訳ではありませんが、基本的には事前審査が通っていれば大丈夫です
ただし、事前審査が通ったあと、カードローンを利用したり、電話代などの支払いが遅滞したりすると本審査で断られる事もあるので注意が必要です

住宅ローン契約

本審査が通れば次は住宅ローンの契約です
これは本人が銀行に行かなければいけません

残金決済・引渡し

買主・売主の都合が良い日を設定して決済を行います
通常住宅ローンを組んだ銀行で行いますが、司法書士の確認などもありますので、これも1時間以上はかかると思ってください
この際に登記費用や仲介手数料など費用の支払いが必要となります
最近はこれらの諸費用もローンが組めるので、利用したい人は不動産会社に相談してください
決済が完了したら鍵を受け取り終了です
契約から決済までは概ね1か月位かかります

以上、購入の流れを説明させて頂きました
ご質問・ご相談など御座いましたら何なりとお問合せください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です